RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
未だかつて
20070304_238325.jpg
未だかつてまともな放送をしないうちに次の放送日が来る。
アトム「てな事があったんです」
鉄人「てな事があったんですかあ」
アトム「て、あんたいつ退院したんですか」
鉄人「すぐ妻が実家の星から薬を持って来てくれました」
箸ノ介「この二人いちいち読んでんですよ、皆さん」
アトム「あんた誰?」
箸ノ介「ゲストでしょうが」
鉄人「あ、僕の入院した時の相部屋の人で」
アトム「相部屋」
鉄人「箸君。こう見えて結構いい奴なんです」
箸ノ介「ども。箸ノ介と言います」
箸ノ介、何者だ。
author:pekoros, category:アトムと鉄人の珍来ラジオ, 23:58
comments(0), -
鉄人は家に帰ると
20070303_237338.jpg
冷蔵庫からキビナを取り出し食べた。
そして救急車で運ばれた。食べるのが遅かったのか、すでにねまっとったのか。それは謎である。

author:pekoros, category:アトムと鉄人の珍来ラジオ, 13:11
comments(0), -
四人が向かった先は
20070302_236935.jpg
寺町の冥土喫茶「シェ・ボンズ」。なるほど微妙。客が入るたんびにお経が唱えられ線香が焚かれる。
ママ「ああこの香り…私ここに来ると落ち着くのよぉ」
ウラン(ママここのオーナーのお寺の檀家やからね)
ママ(鉄人を指さして)「連れて来たわよ。この前から言うてた鉄さん」
「おー!南無阿弥陀…」住職(オーナー)は手を合わせて鉄人を拝んだ。
面倒くさいのでこの話はこれ以上膨らませない。
何も考えてないからだ。
この後、鉄人にとんでもない災難がふりかかる事は、誰も知らない。私が今思いついたから当たり前だが。

グズグズ…風邪が治らない。て…言うてもしょうがないのであるが。
で、この絵は誰か、つうと、その時シェ・ボンズにいた常連客。住職のありがたいお経と鉄人の来店に、こう、グッと来ちゃったのである。そしてもひとつ、彼はウランに思いこがれていた。
author:pekoros, category:アトムと鉄人の珍来ラジオ, 13:57
comments(0), -
ラウンジ・プルート
20070301_236553.jpg
ママ「あらあら今日は随分ご機嫌だこと」
正太郎「まいったまいった、てっちゃんからみ過ぎ」
鉄人「ガオ〜!女房がなんだ〜!俺は鉄人ぞぉー!正ちゃんも怖くなかぞー!操縦するもんならしてみろー」
ウラン「鉄おじさん、もうお酒はほどほどにせんば」
ママ「今日はまたどうしなったと?」
正太郎「てっちゃん今奥さんが里帰りしててね、寂しかとやろけど」
ママ「よし、ウランちゃん、今日は早めに店閉めて、正さんと鉄さんば、面白かとこに連れて行こか」
ウラン「あそこ微妙だなあ」
author:pekoros, category:アトムと鉄人の珍来ラジオ, 14:58
comments(0), -
帰ってすぐ寝込むアトム
20070228_236057.jpg
ウラン「お兄ちゃん今日の放送どうやったとね」
アトム「ヘーックショーイ!」
ウラン「無理して付き合う事なかとに」
アトム「ばってん、てっちゃんも今私生活の大変でさ…ックション!すっかり元気なくしとっとさね」
ウラン「鉄おじさんも人んよかばっかしやもんねぇ」
アトム「ウラン、今度新しく行く店何てったっけ」
ウラン「プルート、ラウンジプルートよ」
アトム「ウランもあんまし無理せんごと」

author:pekoros, category:アトムと鉄人の珍来ラジオ, 14:07
comments(0), -
そして今日も
070226_1348~001.jpg
クシャミを連発するアトム、現在の体温は50度。レトルトを頭に乗せといてチン出来るかも。
一方の鉄人は妻からのメールの返事を待ち続ける無気力な日々であった。もちろん喋る気力はない。
鉄人「ひとこと喋るったら泣きそうで」
アトム「ヘックショイ!」
この二人、何でここにおるとや!
author:pekoros, category:アトムと鉄人の珍来ラジオ, 17:54
comments(0), -
妻の書き置きを読む鉄人
070227_1313~001.jpg
「私、もうおあいそ、つきだし。あなたおさけのむのむ、しょくなしあさがえる。私あたまがきました。
次の便じょでじっ家の星にかえるます。私、おこてるおこてます。
私にれんらくしないのことです。私、おこてるおこてますよー!
きびなはよくえ」
鉄人は妻の文章に慣れっこなので、すっと理解できた。訳すと
「私、もう愛想がつきました。あなたは職もないのにお酒を飲んで朝帰りばっかり…私、頭に来てます。
次の便で実家の星に帰ります。私、怒ってます。
私に連絡しないでください…
冷蔵庫のキビナは早く食べてね、チュッ」
奥さん、どこ人だ?
鉄人の、読む手が震えている。泣いているのか…ん?笑いをこらえてるのか?

キビナ、ねまる前に早く食えよ鉄人!酒のツマミにぴったしやろ(^^;)
author:pekoros, category:アトムと鉄人の珍来ラジオ, 14:01
comments(0), -
悪酔いした鉄人は
20070225_234699.jpg
自宅の玄関先で泥酔して寝込んでしまった。
妻が書き置きを残して実家に帰ったのは翌日のことである。
危うし鉄人。
author:pekoros, category:アトムと鉄人の珍来ラジオ, 19:09
comments(2), -
no title

ピーポーピーポー…
彼が身を挺して伝えたかったものは何だったのだろうか。深い問いが投げかけられた夜であった。後で聞くところによると、この店で毎夜行われているアトラクションだとか。
牛は五島牛メス五歳。名は「万」。

某ちぃD「今の方はひょっとして…」
アトムと鉄人の話題はすでに次回の放送に飛んでいた。次回があればの話だが。
某ちぃD「今の方は交通整理のおまわりさん!」。つまり「マントは信号、牛は車を表してるとよね」。

次の店で某ちぃDはハタと気づいた。ような気がした。「そっか。あの方はマタドールだったんだ!マント裏表間違えてしまったのかな、かわいか」

三軒目で、泥酔した。
author:pekoros, category:アトムと鉄人の珍来ラジオ, 13:58
comments(2), -
そこに現れたのは



author:pekoros, category:アトムと鉄人の珍来ラジオ, 15:05
comments(0), -